Edakunni Settlementに基づくH-1B/L-1請願書とのバンドルにおけるH-4/L-2 EADの考慮事項

以下は専門的な記事ですが、基本的には、移民局は扶養家族であるL-2およびH-4申請を、主たる申請者のケース(フォームI-129で申請)と同時に審査することを意味する「バンドル」する必要があるため、知っておくことが重要です。
主な内容は以下の通りです。
1.) 2021年5月17日から2023年5月17日までに申請されたH-4、L-2、Eビザのステータス変更および延長申請については、バイオメトリックス(生体認証)を行わない。
2.) L-2ビザ保持者はEADを取得することなく、自動的に就労することができる。
3.) 「バンドル(Bundling)」は、スタンダード・プロセスとプレミアム・プロセスで行われる。
4.) この記事は、グリーンカードを申請する弁護士にとっての戦略上の懸念についても述べているので、読者のために再掲する。
2023年1月19日、Edakunni, et al. v. Mayorkas, No.21-cv-393-TL (W.D. Wash.)で和解が成立した。 USCISは、非移民ステータスの延長・変更申請書(Form I-539)、H-4およびL-2派生申請書(Form I-765)、および非移民労働者請願書(Form I-129)が適切に提出された場合、通常手続きかプレミアム手続きかに関わらず、これらの申請書を非移民労働者請願書(Petition for a Nonimmigrant Worker)と共に審査することに合意しました。
この訴訟は、H-4、L-2、E-1、E-2、E-3非移民ステータスの変更または延長に伴うバイオメトリクスの要件および料金の一時停止(2021年5月17日~2023年5月17日)をもたらしたものです。
以下は、エダクニ和解後に注意すべき重要な点である:

  • バンドル」とは、USCISが複数のフォームを一括して処理することを指します。USCISはH-4およびL-2派生ビザのためのフォームI-539およびフォームI-765(該当する場合)を、フォームI-129と一緒にパッケージし、同時に同じ場所で提出する場合にのみバンドルします。そのため、すべての書類は、添付書類および手数料とともに、同じ封筒またはパッケージに入れてください。各申請手数料は別々に請求してください。AILA Doc. No.23020103を参照のこと。
  • Shergill v. Mayorkas, 21-cv-1296- RSM (W.D. Wash.)の和解案では、L-2 配偶者は自動的に就労資格を付与されることが認められ、エグゼクティブや管理職の配偶者は米国で就労する前に就労資格を申請する必要がなくなりました。従って、L-2扶養家族はEADを申請する必要はなくなりますが、米国で発行された写真付き身分証明書を所持するためにEADを申請することを選択した場合、I-765申請書をI-539申請書と一緒にI-129非移民労働者請願書と一緒に提出することができます。
  • I-129の基礎となる請願書がスタンダード・プロセスかプレミアム・プロセスかに関係なく、一括提出が可能です。バンドルが可能であれば、H-4およびL-2派生者のI-539およびI-765の処理時間が大幅に改善されます。
  • バンドルするオプションは、可能な限り、本人とデリバティブの有効期限を同じにすることを奨励するものです。例えば、以下のシナリオを考えてみてください:
    o 雇用主を変更するためにH-1Bの申請を行っている。H-1Bの本人とH-4派生者のステータスが2025年6月に切れる。本人のH-1Bステータスは延長されるため、H-4の延長はまだ必要ありませんが、本人と派生者の有効期限は一緒にしておくことをお勧めします。しかし、I-539とI-765のバンドルはI-129と一緒に提出した場合のみ可能であるため、現在では本人と派生者の有効期限を統一することが不可欠です。
  • 本人のステータスが先に失効する場合は、本人の雇用条件に変更がないかどうかを確認し、バンドルが可能なように修正する必要があります。変更は重要である必要はない。この見直しの必要性は、H-4移民がH-4就労資格の申請または更新を必要とする場合に特に関連します。雇用主がI-129フォームの作成費用を負担し、署名しなければならないことを考えると、雇用主はそのような申請を進んで行わなければなりません。以下のシナリオを考えてみましょう:
    o 2023年6月にステータスが切れるH-4誘導体について、I-539フォームとI-765フォームの更新を進めることが許可された。残念ながら、H-1B本人のステータスが切れるのは2024年6月です。2023年6月頃にH-4就労許可が下りなければ、H-4派生者は職を失う危険性があります。H-1B本人は新しい職場で働き始めたばかりであり、雇用主はH-1Bの修正申請を行う意思がある。I-129はプレミアム・プロセスで申請し、I-539とI-765はI-129とまとめて申請することができます。
  • このバンドル手続きと並行して、すべてのE13多国籍エグゼクティブおよびマネージャー請願書とE21 NIW請願書へのプレミアム・プロセッシング・サービスの拡大を検討し、I-140請願書の迅速な承認を可能にすることで、配偶者に迅速な就労許可を与えることができるかどうかを評価する1。
  • バイオメトリクスの要件および手数料の一時停止と同様に、この和解合意も一時的なものであり、現時点では2023年1月19日の発効日から2年後に失効します。
  • この和解は一時的なものであるため、実務者は2年間の期限に留意し、ポリシーマニュアルの更新を含むがこれに限定されない、この和解に関するUSCISからの今後のガイダンスに従うべきである。

2024年5月の国務省新報道発表

2024年5月の新しい国務省発給ビザ速報
米国国務省は2024年5月のビザ速報を発表しました。   
雇用に基づくカテゴリーに大きな進展はありません。
注:米国移民局(USCIS)は2024年5月のビザ速報に最終発給日(Final Action Dates)チャートを使用します。詳細はUSCISのウェブサイトをご確認ください。 
(参照:https://travel.state.gov/content/travel/en/legal/visa-law0/visa-bulletin/2024/visa-bulletin-for-may-2024.html_
   雇用ベースのカテゴリーでは大幅な昇格はありません
EB-1
中国は2022年9月1日のままです。インドは2021年3月1日のまま。その他の国は現行通り。
EB-2
中国は2020年2月1日のまま。インドは2012年4月15日のまま。その他の国は2023年1月15日に据え置かれる。
EB-3
中国は2020年9月1日のまま。インドは2012年8月15日に据え置き。その他の国は変更なし。

5月の国務省のニュースレターには、雇用と家族ベースのすべてのカテゴリーが掲載されています。EB-1(1)は、中国とインドを除くすべての国について、引き続き現行のままです。EB-2の優先日は2023年1月15日、EB-3の優先日はインドと中国を除く全ての国で2022年11月22日です。 また、永住権保持者の配偶者および子供向けのF-2Aカテゴリーは、最終アクションの優先日が2021年6月1日となっていますので、この日までにI-130を申請された方は次のステップに進むことができます。私たちSW Law Groupは、常に新しい問題や手続きに関するアドバイスを提供するよう心がけています。米国移民法の新たな進展に遅れを取らないよう、私どもの記事を楽しんでお読みいただければ幸いです。

H-1B雇用主変更申請がプレミアム・プロセッシングにより10日以内に承認されました

この度、プレミアム・プロセッシングを利用して申請したH-1B雇用主変更申請が、10日以内に承認されました。この申請は、ビザ受益者が申請時に有効なH-1Bビザの下で、他の米国雇用主で雇用されていたため、スムーズに進行しました。 このようなケースに対応する弊社の専門知識は、これまでにH-1Bビザ請願書が許可されたH-1Bの係数の多さが証明しています。

経営コンサルタントのTN-1ビザが承認されました

この度、弊社はNAFTAの専門家としてカナダとメキシコの国籍者のためにデザインされたTN-1ビザが無事に承認されました。カナダ国籍のビザ受益者は、経営コンサルタントとしての役割を任されます。この分野で修士号を取得し、ビジネスを急成長させるための営業チーム、組織体制、市場開拓戦略、価値提案の開発で豊富な経験を積んだビザ受益者は、米国に重要な専門知識をもたらします。この承認により、ビザ受益者は今後3年間、会社の事業への継続的かつシームレスな貢献が保証されました。

ロボティックプロセスオートメーション (RPA)ソフトウェアおよびテクノロジー企業の世界的リーダー企業における製品サポートマネージャーのH-1B雇用主住所変更及びステータス延長の承認

この度、SW Law Groupは、インド国籍のビザ受益者を代理し、H-1Bの雇用主住所変更およびステータス延長請願書を米国移民局(USCIS)より承認を得ることに成功しました。 ビザ受益者は現在、H-1Bステータスを保持しており、2019年4月より有効なH-1Bステータスでロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアおよびテクノロジーの世界的リーダー企業に雇用されています。今回の成功は、ビザ受益者の勤務地の変更を反映させ、製品サポートマネージャーというH-1B専門職種での雇用を継続することを目的とした、滞在請願書の修正と延長に起因するものです。当初のH-1B申請も同じ雇用主に申請され、2022年3月に承認されました。この承認により、ビザ受益者はさらに一定期間、会社の事業への継続的な貢献が保証されます。

プロジェクト・マネージャーのEB-3がUSCISより承認されました

この度、SW Law Groupは、2020年からH-1Bステータスを保持しているスーダン国籍のビザ受益者のEB-3請願書を米国移民局(USCIS)から承認を得ることに成功しました。このビザ受益者は現在、プロジェクト・マネージャーの職に就いており、米国のカスタムビール醸造設備メーカーに雇用されています。この承認により、ビザ受益者の現在の成功を示すだけでなく、米国永住権取得に向けたエキサイティングな旅路の始まりを告げるものでもあります。

世界有数の研究者のO-1承認

この度、米国移民局(USCIS)よりO-1卓越能力者ビザの3年間の延長が承認されました。ビザ受益者は2022年から別の会社でO-1ステータスを保持しており、最近雇用主が変わりました。現在の会社は、大規模な炭素の直接海洋捕獲プロセスに特化しています。ビザ受益者は世界有数の研究者として、炭素吸着、海水淡水化、燃料電池、バッテリー用のイオン交換膜の開発に優れています。ビザ受益者の研究は一流の国際学術誌に掲載され、イオン交換膜の開発に関する特許を取得しています。USCISは、追加情報請求を要求することなく、申請からたった2週間以内で弊社の請願書を迅速に承認しました。

ソフトウェア会社のH-1B承認

この度、ソフトウェア会社のH-1Bビザが米国移民局 (USCIS)より承認されました。は、電気サービスおよびその他の関連サービスに従事しており、このたびの認可取得を大変喜ばしく思っております。3年ビザを取得したビザ受益者は、現在有効なH-1Bステータスを持つインド国籍者であり、2021年10月より申請者に雇用されています。この承認により、ビザ受益者は今後3年間、会社の事業への継続的かつシームレスな貢献が保証されました。

財務・オペレーション担当アソシエイト・ディレクターのH-1BキャップがUSCISにより承認されました

この度、2024年度のH-1B CAPが承認されたのは、営利目的で物理的および生物学的な研究開発を専門とする企業の財務およびオペレーション担当のアソシエイト・ディレクターです。 経済学修士を持つビザ受益者は、学問的な知識と豊富な経験を活かして、財務原則と財務プロセスを分析そして報告し、会社の運営を最適化します。ビザ受益者はキルギス国籍で、現在H1Bビザで3年間米国で働く絶好の機会を得ることになりました。なお、今年のH-1B抽選について、移民局はH-1B登録者の14.6%しか当選させませんでした。

シニアエンジニアマネジャーのH-1B延長申請がUSCISより承認されました

この度、 H-1B専門職ビザの延長申請が米国移民局(USCIS)より承認されました。ビザ受益者は、2021年からH-1Bのステータスで就労しており、会社にとって貴重な人材であることを一貫して証明してきました。このケースでは、ビザ受益者の米国での職務内容に重要な変更はなく、以前承認された雇用から職種が変更されました。この承認により、ビザ受益者はさらに3年間の在留が保証され、米国での貴重な雇用を継続することができます。