↑ トップに戻る

旧称:シンデル法律事務所
ニュースレター登録
ニュースレター登録 >>

在日米国大使館及び領事館からの最新ニュース

弊社では、 在日本米国大使館及び領事館と定期的に連絡を取り、クライアントの皆様に、最新のニュースと情報をお届け致します。

  • 館内持込み制限についてのお知らせ (2014年5月22日)
    2014年6月2日より、ビザ申請者のための大使館への持込不可品お預かりが終了します。大使館内には、手荷物等を保管する場所は設置されておりません。必ず、大使館へ向かう前に、ご自身の持込不可の所持品保管を行って下さい。持込み不可品を大使館へお持ちになられた場合、入館することができず、新たに面接予約が必要となることもございます。ご注意ください。

大使館への持込み可能品

  • 携帯電話1台(セキュリティゲートで預ける必要あり)
  • 手持ち可能なバッグ1点 (25cm×25cm以下)
  • ビザ申請関連書類が入った透明なクリアフォルダー
  • 傘、ただし荷物検査前にセキュリティゲートの外の傘たてに置くこと

大使館への持込不可品

  • ノートパソコン、iPad、USBメモリ、電子手帳、スマートウォッチ、ポケベル、カメラ、オーディオ/ビデオカセット、コンパクトディスク、MP3、フロッピーディスク、ポータブル音楽プレーヤーなどの電子機器
  • 旅行かばん、トランク、スーツケース
  • その他バッグ全般(リュックサック、ブリーフケース、皮製・布製バッグ等)
  • 大型ショルダーバッグ
  • 食品全般
  • 葉巻、煙草、ライター、マッチ
  • はさみやナイフ、爪やすりなどの先の尖った物
  • 全ての武器、凶器、火薬、爆発物

その他、大使館への持込不可については、こちらのウェブサイトをご参照下さい。

  • 大阪・神戸総領事館E-1/E-2非移民ビザの面接一時停止 (2014年5月22日)
  • 大阪・神戸総領事館はE-1/E-2非移民ビザの面接を一時的に停止します。この期間中、14歳以上の家族を含むすべてのEビザ申請者は東京の米国大使館および福岡領事館で面接を受けてください。ただし、下記申請については、これまで通り大阪総領事館で受付けます。申請書類は大阪総領事館にお送りください。
  • Eビザ更新および14歳未満の郵送申請
  • 新規会社登録。登録申請書類は大阪にお送りください。審査終了後、個別に面接日を設定しお知らせいたします。ただし新規会社登録には10~12週間を要します。ご了承ください。

9月1日より、大阪・神戸総領事館でのEビザ申請手続を再開します。

·       K(婚約者)ビザ面接予約方法の変更 (2013年12月20日)
2014 年1月7日より、K(婚約者)ビザの面接予約方法が変更となりました。面接予約は、申請者専用のダッシュボード上にて、オンラインで手続きしなければなりません。Eメールでのアポイントレターの送付はなくなりました。手続き方法に従い、Kビザ申請料金のお支払いをダッシュボード上で行います。この際に発行される面接予約確認書を印刷し、他の必要書類と一緒に面接当日にご持参下さい。
注: 2014年1月7日以前に面接予約がスケジュールされた方は、面接予約を変更する必要はありません。(オンラインで再度予約をしないでください。)予約した日にお越しください。

·       Eビザ年次報告書提出方法変更のお知らせ (2013年11月14日)
2013年12月1日より、これまで年1回の提出が求められていた米国企業Eビザ登録の年次報告(DS156E、財務諸表、納税報告書)の提出が不要となりました。但し、各Eビザ申請者は、申請時にDS-156E Part I と II 、および単体の財務諸表、又は納税申告書(Form-1120)の提出が必要となります。

今後、Eビザ企業として一旦登録された会社は、Eビザ企業としての資格を保持し、更に、その会社名で有効なEビザを保持し、就労している従業員が一名でもいる限り、当該会社の登録は有効とみなされます。新規企業登録方法に関する変更はありません。