↑ トップに戻る

旧称:シンデル法律事務所
ニュースレター登録
ニュースレター登録 >>

Family Based Immigrant Visa

 

家族ベースの永住権申請

家族がスポンサーとなって永住権を申請する場合、スポンサーになれるのは米国市民である配偶者、米国市民である親、米国市民である子供(21歳以上)、米国市民の兄弟や姉妹、永住者である配偶者、21歳未満の子供の永住者である親です。 申請は本人とその家族の関係によって優先区分があり、米国市民の家族がスポンサーの場合、永住権の発給は年間の割当数に制限がなく、資格を満たしている場合はビザの発給数制限に関係なく申請が進められます。年間の割り当て数が決まっているカテゴリーは取得に時間がかかります。

米国市民の最近親者

このカテゴリーのビザの発行数には年間割当がありません。

  • IR1/CR1:米国市民の配偶者
  • IR2:米国市民の21歳未満の未婚の子ども
  • IR3:米国市民の米国外における孤児の養子縁組
  • IR4:米国市民の米国内における孤児の養子縁組
  • IR5:米国市民の親(米国市民は21歳以上でなければなりません)
  • IW:死亡した米国市民の配偶者
  • K1:米国市民の婚約者(およびその子ども:K2)
  • K3:特定の米国市民の配偶者(およびその子ども: K4)

米国市民や米国永住者の家族

このカテゴリーのビザ発行数には各々に年間割当があります。移民ビザ優先登録日はビザの種類それぞれの待ち時間が掲載されています。(https://travel.state.gov/content/visas/en/law-and-policy/bulletin.html

  • F1:米国市民の未婚の子ども
  • F2A:米国永住者の配偶者・21歳未満の(未婚)の子ども
  • F2B:米国永住者の21歳以上の未婚の子ども
  • F3:米国市民の既婚の子ども(その配偶者および子ども)
  • F4:21歳以上の米国市民の兄弟・姉妹(その配偶者および子ども)

※米国市民である祖父母、叔父・叔母、姻戚、いとこの親族は家族呼び寄せ移民ビザの請願書を提出することができません。

ビザ申請から取得までの流れ

嘆願社とビサ申請者が米国内に居住している場合

米国に滞在したままForm I-130 (Petition for Alien Relative)およびForm I-485(Application to Register Permanent Residence or Adjustment Status)を米国移民局へ申請します(最近親者の場合は同時申請が可)。I-485申請に合わせて、永住権申請審査中に有効となる就労許可証、及び出入国許可証(アドバンスパロール)の申請そして取得も可能。

アメリカ国外にビザ申請者が居住している場合

1.米国移民局へのForm I-130の申請(例外あり)
2.認可後、NVC(National Visa Center)による書類審査
3.在外米国大使館(日本の場合:東京、那覇)での面接

上記後者の場合、米国移民局が移民請願書(Form I-130申請)を許可すると、ケースは米国内のNVCへ転送され、NVCからビザ申請者に関する必要なフォーム、補足資料、及び申請料金支払いに関する案内が届く。NVCが全ての書類を受け取り次第、書類を審査し、問題なければ、最終ステップとなる米国大使館・領事館でのビザ面接日を設定。(請願書を含むNVCに提出された全ての書類は、面接を受ける東京米国大使館・那覇領事館の移民ビザ課に転送される。)

移民ビザ申請における留意点

  • 家族関係の証明(特に結婚を通した申請の場合、結婚が真正(Bona Fide Marriage)であるかを証明できる各種証拠資料の提出が重要)
  • スポンサーに求められる経済力(アメリカでの一定額以上の収入)及びアメリカでの税金の支払いの重要性
  • 結婚後2年以内に米国籍者の配偶者として米国に移住した場合は2年有効の条件付きの永住権者となるため、永住権失効前の90日間に条件を取り除く申請(I-751申請)が必要となる。

なお、アメリカ国外在住の申請者本人が、アメリカ行きが緊急である場合など政府の定める特定の理由が認められれば、全ての申請ステップを在外アメリカ大使館を通して行うことも可能で、審査期間の大幅な短縮が見込まれる。