↑ トップに戻る

旧称:シンデル法律事務所
ニュースレター登録
ニュースレター登録 >>

弊社のビジョン

Innovation(革新的で), Excellence (質の高い)、 Integrity (誠実な)

SW Law Group, P.C.は、この企業理念を胸に、企業の大小を問わず、米国移民法に関するお客様のニーズにお答えしながら、お客様のグローバルビジネスの成功をサポート致します。

SW Law Group, P.C.(旧称:シンデル法律事務所)は、1994年にデビッド・シンデル弁護士が設立。設立当時、シンデル弁護士は、経験が豊富で、プロフェッショナルとしての信念をもつスタッフこそ、 クライアントそれぞれのニーズに応じ、一貫性のある質の高い法律サービスを提供できると考えました。SW Law Group, P.C.には、移民法に特化した事務所であるからこそご提供出来る法的サービスがあります。

SW Law Group, P.C.では、事業の成長と事務所の拡張を生かしながら、米国移民法に関する様々なニーズに対応し、業界を問わず、数多くの企業をサポートしております。

SW Law Group, P.C.のチーム全体で、計50年以上の移民法に特化した法的サービス提供の経験がある計算となります。弊社のパートナー、デビッド・シンデル弁護士、並びに、バーバラ・ウォング弁護士が共同で経営を行いながら、それぞれの経験を生かしてきたことが、弊社の事業の成功へと繋がりました。

東京事務所の責任者でもある、デービッド・シンデル弁護士は、日本でも、外国法事務弁護士資格を有しております。米国の東西両海岸に拠点を構え、更に、日本で外国法事務弁護士資格を有する弁護士が米国移民法専門サービスを提供しているのは、SW Law Group, P.Cだけです。

バーバラ・ウォング弁護士は、2つのアメリカ最大手の移民法法律事務所に通算10年間勤務した経験をもちます。ウォング弁護士は、これらの事務所で、Fortune 500 やFortune 1000 にリストアップされる米国大手企業の移民法関連業務(雇用ベースの就労ビザ)を担当するなど経験が豊富です。SW Law Group, P.C.では、ウォング弁護士の豊富な専門知識を活用しながら、国際化が進む弊社の顧客層のため、弊社サービスの合理化にも努めております。